トップ 泊まる 見る・歩く 遊ぶ お土産 お食事 温泉・浴場
 エリアから探す
日光
鬼怒川・川治温泉
湯西川・川俣
那須・塩原・矢板
宇都宮・鹿沼
馬頭・茂木・益子・真岡
佐野・小山・足利

PICKUP 特集記事
ゆったり日帰り温泉特集 ゆったり日帰り温泉特集
日光ゆば料理特集 日光ゆば料理特集
日光みやげ特集 日光のみやげ特集
 お食事
 トップページお食事
過去3日内に更新のあるショップ
仲よし
TEL:0285-72-3830
FAX:--
エリア:益子町
「ちたけすいとん」は年中食べられます。とろとろ玉子の「オムライス」、「揚げおにぎり」も当店の人気メニューです。...
ヒジノワ cafe & space
TEL:0285-81-7380
FAX:--
エリア:益子町
日替わりで店主が替わるコミュニティカフェです。
御食事酒処 山楽
TEL:0285-72-8753
FAX:--
エリア:益子町
華乃郷 (益子焼窯元共販センター内)
TEL:0285-72-4444
FAX:0285-72-0313
エリア:益子町
手打ちそば処嵯峨
TEL:0289-84-0285
FAX:0289-84-0285
エリア:鹿沼市
そば処嵯峨では地元永野の美味しいそば粉を使った田舎そば風のそばが人気。季節のてんぷらと一緒にどうぞ。お近くにお...
coffeeshop ONO
TEL:0288-54-2247
FAX:0288-54-2247
エリア:日光市(日光)
ヨーグルトパフェがオススメ。オリジナルソースのパスタ類が人気です。
すし山法師
TEL:0285-84-6676
FAX:--
エリア:真岡市
”おつまみ”から”にぎり寿司”までストーリー豊富なこだわりのコースをご堪能下さい。
益子焼&カフェ 壷々炉
TEL:0285-72-2261
FAX:--
エリア:益子町
城内坂通りから一歩敷地に入ると、木々に彩られた 静かな空間に包み込まれます。
東光物産
TEL:0288-54-0123
FAX:0288-53-0345
エリア:日光市(日光)
 1Fは、日光土産のとうこう、お菓子、漬け物、ゆば、せんべいなど各種取り揃えております。お気軽にお立ち寄りくだ...
一日一組の宿 ペンションしいの木
TEL:0285-72-3075
FAX:0285-72-9118
エリア:益子町
雨巻山のふもと、静かな森の中に佇む 自然のぬくもりを感じる ペンションです。
三本松茶屋
TEL:0288-55-0287
FAX:0288-55-0525
エリア:日光市(日光)
奥日光小西ホテル
TEL:0288-62-2416
FAX:0288-62-2360
エリア:日光市(日光)
奥日光の自然の中に赤いレンガ色のホテル
和み茶屋
TEL:0288-54-3770
FAX:--
エリア:日光市(日光)
季節の食材を和の器で
マティータ
TEL:0288-25-7131
FAX:0288-54-0507
エリア:日光市(日光)
ピザとパスタのお店です。
ぱん いしづか
TEL:0288-53-6228
FAX:0288-53-6228
エリア:日光市(日光)
天然酵母と国産小麦のぱんを作っています。
居酒屋 てん
TEL:0288-53-2310
FAX:0288-53-2310
エリア:日光市(日光)
2005年8月にオープンした飲み処。芋、麦、米、黒糖の他、魔王や佐藤といった貴重な焼酎を豊富に取り揃え、値段も1合50...
さん・フィールド
TEL:0288-53-4758
FAX:--
エリア:日光市(日光)
いろいろなゆばの味が楽しめるゆば御膳。
元祖日昇堂
TEL:0288-53-0534
FAX:--
エリア:日光市(日光)
「日光はじま羊羹」「日光ラスク」等幅広いジャンルの菓子を取り揃えております。
魚要
TEL:0288-54-0333
FAX:--
エリア:日光市(日光)
元祖ゆばそば。(3種類の湯波が入っています。)
白滝 峠の茶屋
TEL:0288-78-0865
FAX:--
エリア:日光市(鬼怒川・川治)
座席から滝を眺めながらお食事ができます。
前へ< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >次へ
当サイトについて お問い合わせ プライバシーポリシー 利用規約 店舗ログイン 当サイトへのリンクについて
株式会社ドゥ 運営:株式会社ドゥ 
業務内容・会社概要はこちらをご参照ください。
Copyright c 1997-2005 Do Co.,Ltd. All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている全ての写真・画像・記事の著作権はDo CO.LTD,.に帰属します。
著作者の許諾なく本サイト上の写真・画像・記事等を一部でも私的利用の範囲を超えて再利用することは、いかなる目的においても禁じます。